韓国買い付け紀行 〜食べ歩きからの餅談義編〜

1月 15th, 2013 § 0 comments § permalink

同じ釜の飯を食う。

 

ではありませんが、現地の方と同じものを食べると

ちょっとお近づきになれたような気がします。

 

「なんかお腹すいた! でもお店に入るほどでもない」

そんな時、近くの屋台でこのようなものをいただいてみました。

 

韓国の屋台スナック

お餅の肉巻きとソーセージが交互になってる超スタミナ串。

 

 

道路脇の段に座って食べていましたら、

クローズ時間になった某有名アパレルショップのドアマン?のところへ

この串を2本持ったお兄さんがスタタタタ〜。

1本をささっとドアマンに渡し、ふたり仲良く門前で召し上がっていました↑

 

いや〜。きっと立ち仕事でお疲れだったのでしょう。

こいつはめっちゃ肉々しくて、かなりエネルギー補給できると思います。

1本で相当お腹いっぱいになりましたから。

このド観光地で、現地で働く方と同じ物を食べ、勝手に仲間気分。

 

 

韓国の食といえば、焼肉や鍋ですが、

おひとりさま旅行の私はなかなかそのような店に入ることができず

簡単な食事で済ませることが多くなります。

しかし、最近はなぜだか私の出張期間中に合わせて

日本から合流してくる人がいるので(笑)

食事にバリエーションが出てきました♥

ありがたや。

 

 

 

 

 

さらに、前から気になっていたホットク(パンケーキみたいなもの)も食べてみました。

 

中国式の焼きホットク

これです、焼いたホットク。

 

 

おそらくホットクの一種だろうなーと思ってはいたのですが、

通常はたっぷりの油で揚げるのに対して

焼いたスタイルが珍しくてずっと食べてみたいと思っていました。

 

BIFF広場のホットク

よくある揚げた感じの。(写真は釜山式なのでナッツが入ってますが、ソウルは蜜入りが主流)

 

 

 

焼きホットクは見た目はパンみたいに柔らかそうな感じもしたのですが、

表面が飴細工みたいにパリパリで、かじると一気に割れてしまいそうなほど。

中は空洞になってて、内側にシナモンが塗られているもようです。

 

後から友達に聞いところ、どうやらこれは中国式のホットクで

型に入れて焼くみたい。

 

ナニー! ホットクは中国にもあるのか〜!と

ホットク熱に火がつき、調べてみましたら

元は中国から渡って来た説があるのだとか。(他にインドやトルコ説もあり)

ホットクの「トック」は餅だと知っておりましたが

「ホッ」は中国(胡)の意味なのだそう。

 

ナニー! じゃあ中国のホットクはどんなやつなんだー!と

ルーツが気になって、調べてみましたら

当然ながら中国の餅は地域ごとで多岐に渡り、よく分からん次第-_-

ざっと分けると、中身が肉や野菜のお食事おやき系と、

ルーツとおぼしき堅くて甘い空洞パン系があるようです。

 

その中国空洞パンを韓国語で「コンガルパン」というらしく、

韓国の中華街などで買えるみたいですが

 

コンガルパン

コンガルパン(※画像お借りしました)

 

 

画像見てびっくり。私が食べた中国式ホットクより膨れている。

ナニーー! 長崎の中華街で売っている胡麻パンと超似てるじゃないかー!!

 

ゴマパン

長崎の胡麻パン。

 

 

ちなみに長崎の胡麻パンは「福健」というお店のみで売っており

長崎人でも「なにソレ。食べたことないけど」と言う人が大勢います。

同封のつぶやきによると、中国から長崎へ伝わったものみたいで

中国語では「糖餅」と言うようです。

 

胡麻パン

「ごまパンのつぶやき」より。

 

 

えーっと。ここまで来て私、餅とパンがとても混乱してきました。

餅がいつの間にかパンになり、パンが餅になっています。

前途多難ですが、韓国の餅の文化にはかなり興味があるので

引き続き調べてみたいと思います。

我こそは餅博士!という方がいらっしゃいましたら、ぜひご教授くださいm(__)m

 

 

 

 

 

毎回、訪韓の際は餅知識を深めようと心得ており

今回は仁寺洞(インサドン)近くにある「トック博物館(餅博物館)」まで

足を伸ばしてみましたが…… 特記すべき点なしでした(;_;)ガーン

 

ガイドブックに「見学時間約30分」と書いていたので

「いやいや、私書いていることもじっくり見るし。もっと時間かかるはず!」

などと意気込んでいましたが、本当に30分くらいで終わりました。

いろいろなトックの模型が飾られていて、「○○な時に食べる、○○の餅」的なことは

説明されているのですが、私にはどれも似たような餅に見えて

細かな違いや、製法についてを学ぶことができませんでしたomz

小学生の団体に解説しているのを聴講してはいたのですが…… 悲しい。

もうちょい下準備をして出直したいと思います。

 

 

さらに私。後追いで合流してくれる日本の友人たちには

必ず韓国の蒸し餅、ソルギやシルトックを食べてもらうのですが

(しかもフルーツやワイン味の)

今回の友人は「あ… かるかん系が好きじゃないんだよね」と(-3-)

 

 

クランベリーのソルギ

右下のピンクのハート型のがソルギ。「ビジュン」というお店のものです。

 

クランベリーのソルギ

私が始めて食べて感動した、クランベリーのソルギ。

 

 

調査と普及活動は続きます。

 

 

 

 

——————–

《追記》

日本の餅と、中国の餅は随分違っているらしく、

小麦粉をこねて、焼いたり蒸したり煮たり揚げたりしたものを

中国では総称して「餅(ピン)」というそうです。

 

日本の餅(もち):もち米を蒸しウスでついて丸めたもの(色んな種類がありますが、ここでは白い餅)

中国の餅(ピン):小麦粉をこねて加工したものの総称。マントウ(饅頭)やチャオズ(餃子)なども含まれる

韓国の餅(トック):うるち米やもち米を、蒸す・茹でる・焼くなどして作られたもの

 

 

ホットクは、中国では餅の分類になるので、

韓国ではパンの分類だけど「中国の餅」と呼ばれるのも分かります。

ちなみに韓国ではマンドゥは餃子なんですよね^^;

ああ、奥深い。

 

改めてアジアの餅文化ってすごいと感じました。

おそらくお祝い事など特別な時に食べられるので

様々な発展があったのでしょう。

それだけ文化に根付いているから、私も興味を持ったのかも。

 

では、中国での「パン」は「餅(ピン)」なのでしょうか…。

 

やはり調査は続きます。

 

 

 

——————–

《追記の追記》

中国関係の有識者に尋ねてみました。

「中国での餅の定義とは何ぞや?」

 

回答はこちら。

「中国はとにかく人口が多いのだから、材料、成形、調理法、

はたまた地域や時代によって、たくさんの種類の“餅”が作られる。

そもそも米が用いられるようになったのは最近の話で、

それまで米は貴重品。主流はいわゆる雑穀だったのだ。

考え方としては餅は穀類を挽き、こねて丸めたもの。

餅=米というのは、単なる近代の日本人の感覚なので

まずはそれを捨てるべし!

中国はとにかく人口が多いんだから!!(←やたら強調)」

 

華国風味

といって薦めてくれた本「華国風味」。

もの食う人びと

実は以前に薦められたこちらも途中なのですが…。

 

韓国に辿り着く日は遠いぞ。

しかしおかげでこちらを違和感なく受けとめることができました♪

 

杏仁餅(アーモンドクッキー)

「杏仁餅」という中国のアーモンドクッキー(日本語表記あり。輸出用??)

 

 

BLOG

韓国と日本の比較文化、
デザインや流行の違いなど
勝手に独自研究!
Guequoオーナーのブログ。

コメントやご質問なども
ご自由にお寄せください。

Where Am I?

You are currently browsing the 韓国買い付け紀行 category at Guequo.