硬麺はお子さま? 韓国のラーメン流儀

5月 4th, 2015 § 0 comments

ラーメンは硬麺が好きな私。

カップラーメンでも、1分と待たず食べ始めちゃいます。

 

というのを韓国の方に話すと、

「それはないな。韓国では硬麺は子供っぽいイメージなんだ」

と言われました。(たぶんスナック菓子みたいだから?)

 

しかも粉末スープを入れるタイミングが違う!

日本では麺を茹でてから、スープを入れるようになっていますが

韓国では「麺と同時に入れて、一緒に煮込む。なんなら卵もこの時に入れる」

だそうです。

 

もともとの麺も日本のものより太くてしっかりしていますし

言われてみれば、基本的に煮込み系だなーと思いました。

 

 

例えば「プデチゲ」。

プデチゲ

プデは部隊、チゲは鍋。

 

軍隊の若者がよく食べたという鍋で、ソーセージや餅やチーズなど

カジュアルな食品が入っているのですが、

シメ(というかほぼ途中)に袋ラーメンを入れ、これまたよく煮込みます。

麺に味が染みておいしいです。

 

もともと辛いものが得意でなかった私が韓国料理をおいしいとかんじるようになったのも

この「煮込み」のおかげだと思います。

多少辛くても、よく煮込むと味に深みが出るんですよね。

出汁と煮込みには本当に感謝です。

 

 

日本人もラーメンが好きですが、

韓国でラーメンといえば「インスタントラーメン」です。

ラーメン屋さんはほとんどありません。

 

韓国語の授業でもラーメンの登場回数がハンパなかったです。

例文では当たり前のように

「家に何もないからラーメンでも茹でるか」

「ラーメン茹でるの? なら私のもついでにやって」

「ラーメンばっかり食べてると体に悪いよ」

「夜中にラーメン食べたから顔がむくんじゃった」

などと出てきます(笑)

 

学生寮の食堂で、いつでも自由に食べていいものといえば

「ごはん、キムチ、ラーメン」

 

学食にもありました。

「(インスタント)ラーメン(の調理済み)」

 

 

 

私が日本でそれほどラーメンと触れ合ってなかっただけでしょうか。

郷に入っては、きちんとラーメン率が上がりました。

お役に立った「ラーメンサリ」は、粉末スープが入っていない麺だけのお安いタイプです。

ラーメンサリ

ロッテスーパーよりお借りしました。5袋入りで1,850ウォン♪

 

毎日辛いものは食べられなかったので、自分で醤油味とかコンソメ味とか作って食べていました。

ラーメンだけの時はかたくなに硬麺ですが、チゲの時は煮込みます。

 

 

それから、これも本当にあるんですね。

ドラマで見る、カップラーメンの紙のフタを1/4に折って作った三角錐の器にちょこっと分けてくれるやつ。

これまでカップラーメンを個食したことしかなかったので

このように分配してくれるなんて、優しいなーと純粋に思いました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

BLOG

韓国と日本の比較文化、
デザインや流行の違いなど
勝手に独自研究!
Guequoオーナーのブログ。

コメントやご質問なども
ご自由にお寄せください。

What's this?

You are currently reading 硬麺はお子さま? 韓国のラーメン流儀 at Guequo.

meta