海苔についての考察

11月 24th, 2015 § 0 comments

なんか最近、白髪が急に増えてきた(><)!

 

…ということで、焦って日頃の食事に

積極的に『海苔』を取り入れるようにしています。

 

 

韓国のり

これは韓国の大きな海苔。

 

海苔は日本も韓国もおいしいですね。

と、なーんも考えずに食べていたのですが…

 

つい先日。朝の情報番組で、

「板海苔が作られたのは江戸時代。

紙すきをヒントにして、ペーパー状にしてみたところ

香ばしさやパリパリ感が出て、

当時のファストフードであった寿司(のりまき)が大流行!」

と言っていたのです!

(それまでの海苔は、瓶詰め?のようなペースト状のものが主流だったようです)

 

なんと! 板海苔は、日本発祥だったのか!?!?

 

 

 

キンパ

韓国ののりまき、キンパ(細巻タイプ)を作ってみました。

 

 

だいたい日韓で共通するものは、中国からの伝来品が多いので

まさかこんなにポピュラーな海苔が逆ルートだなんて…!

 

しかも、韓国語で海苔は「キム」といい、

日本語の「ノリ」の要素はまったく入ってないので余計に不思議&興味です。

(パンは日本経由で韓国に入ったようなので、

韓国語でも「パン」なのです。「ブレッド」ではなく)

 

それで考えてみたら、中華料理に海苔のイメージがない。

こんなに海苔が大好きなのは、もしかして日本と韓国だけ?

それなのに両国とも異なる味で、個性もありますよね。

 

 

ピーマンキンパと牛肉キンパ

大好きだった店の、ピーマンキンパと牛肉キンパ♡

 

 

引き続き、海苔の摂取は続けていきたいと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

BLOG

韓国と日本の比較文化、
デザインや流行の違いなど
勝手に独自研究!
Guequoオーナーのブログ。

コメントやご質問なども
ご自由にお寄せください。

What's this?

You are currently reading 海苔についての考察 at Guequo.

meta